なめらかプリンができるまで

はじめに

お客様に安心してお召し上がりいただけるよう原材料から最終商品までの徹底した品質管理、衛生管理を行っています。

工場への入室

工場に入る前に身体を綺麗にして、工場の中に不純物を入れないようにしています。
粘着ローラーを体中にかけ、マニュアルに沿った「完全手洗い」を行います。

原材料の受け入れ

数量はもちろんですが、状態や温度が適切に保たれているかもチェックしています。

計量

プリンの材料である「卵」「牛乳」「グラニュー糖」を計量します。
この割合が重要なので、しっかりと計量します。

混合

計量した材料を混ぜ合わせます。
ちゃんと美味しいプリンができるのか、糖度、温度、味の確認を行い、それを記録しています。

充填

カラメルを入れたプリンカップに、混ぜ合わせた「プリン液」を流しいれます。

焼成

プリンをオーブンで焼きあげます。
焼き具合と外観のチェックをします。
この焼きあがり具合の見極めが職人のワザ!
焼きあがったプリンは、もちろんまだアツアツ。
とってもいい香りがします。

冷却

焼きあがったプリンを冷蔵庫で冷やします。
温度は10度以下。
これでプリンはほぼ完成ですが、このあと、様々なチェックを行います。

検品

ひとつひとつ、人の目で確認します。
異物の混入はないか、プリンは傾いていないか厳しいチェック!

蓋付

厳しいチェックを潜り抜けたプリンに蓋をします。
このとき、消費期限も印字されます。

検査

全ての種類のプリンをサンプリングし、菌が出ていないか、味はちゃんとしているかを検査します。

出荷

毎日検品を行い、きちんと温度管理された冷蔵庫でお店へ配送します。(10度以下)

販売

お店に届いたら、再度検査を行い、ショーケースに並びます。
店舗の冷蔵庫も。きちんと温度管理しています。(5度以下)
Copyright ©2017 チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社 All rights reserved.
Copyright ©2015 チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社 All rights reserved.